2010年12月20日

NSbikes Majesty [2010]

nsbikes 07.JPG

 画像撮影&提供あーたん



nsbikes 08.JPG

nsbikes 05.JPG

nsbikes 06.JPG

nsbikes 04.JPG

 気づいたかもしれませんが、このフレームのペイント、フロントのロゴのある部分近辺はマッド仕上げになっています。(見えにくい場合はサバーバンの記事でのマジェを見ると分かりやすい)渋いねぇ・・・おたくまったく渋いよ。

nsbikes 02.JPG

 マッド仕上げのフレームの夜間の撮影は本当に難しいみたいだね。

nsbikes 09.JPG

 とりあえずチェーンは同じものを使っているのでリアセンター長は同じです

nsbikes 01.JPG

 さて、今回のフレーム。サバーバンとの変更点は大まかに言って

・ヘッド、BBの規格が変わった(インターナルヘッド、スパニッシュBB)
・重量が軽くなった(フレーム単体で)
・フレーム内部の塗装(EDブラックコーティング)

 な感じです。特にヘッドとBBの規格。
アヘッドってこういった用途に向いたものがあまりないし、軽く1万くらいは予算みちゃいますし、、その点インテグラルは値段も安くすむ。
BBも値段抑えてベアリング部の緩むことも格段に減るしでいいことずくめだね!両方のパーツが軽量化できるしね。
 インターナル(インテグラル)ヘッドは以前のBlkmrktのRiotに乗ったときにも使っていたのですけど、やっぱりこういった強度を必要とするバイクはインテグラルじゃないと!
 理由としては

・ベアリングの交換が容易
・アヘッドに比べてスタックハイトが低く出来る

 ですかね。アヘッドパーツの一番厄介なのがインストールすること。特にヘッド、BBは初めで精度良く組み付けないとフレームの寿命に関わるので特に気を使いますけど(ヘッドパイプやBBのフェイスカットとかね)インテグラルはベアリングを入れるだけで終了!壊れても専用工具無しでベアリングの交換が出来るので楽です。
 スタックハイトに関しては薄いものを使えばはかなりステムを下げれますが、初期位置が低いのでハンドルを回したときにステムがトップチューブに接触することもあるので(ちょっと危なかった;)気をつけないといけません。今回はヘッドにはODYSSEYを入れます。というのも初めはSaltにしようと思ったんですけど、店にいた外人のBMXライダーが
 「これがいいぜ!俺も使ってるけどいいぜー!」 とサムズアップ。 「よっしゃ、じゃあそれでいこうか!」 というわけさ。

 スパニッシュBBは今回が初めてでしたが、Cさんに手伝ってもらって何とか組みつけられました。ベアリングを直にフレームに打ち込むんですけど、なかなかに難しいです。ですが組み上げて乗ってみるとユーロBBと比べたらしっかりしてます。全然違いますね。一瞬「ユーロBBはもう使いたくないなぁ」という気持ちになりました。
 しかしここで問題発生!

 うちのクランクのスピンドルですが、これもRiotの頃から使ってるDeityのMTB用の長めの物を使っていたんです(多分6”)
サバーバンは68mmですがユーロBBでベアリング部分が外に張り出してたからあまりスピンドルのスペーサーを使わなかったんですね。まぁRiotのBB幅72mmのため長くないと無理だったからしょうがないのですけど。
 そして、Majestyからはスパニッシュで張り出す部分も無いし、思ったよりもカラーが短かったのか3mm〜5mmくらい少し(Cさん曰く少しではないらしい)ベアリングが内側に入ってしまい、6”だとスピンドル長が長すぎるみたいです。現在はスペーサーを追加して乗ってますが左右で2cmくらいスペーサー使っています。計算すると
5 5/8” = 142.9mm
6”    = 152.4mm
 となり、これはもうMajestyはBMXのスピンドル長で十分みたいです。チェーンラインも合わせてみたけど問題無いみたい。こうなるとスピンドルもBMXの長さにしたら軽くなるし、いっそ同じProfileのG.D.Hチタンにしてしまえば最低でも120gくらい削れるし。スプラインドライブ使うならもうNobossのクランクアームにしたいし、、欲求は止まらんなぁ〜; スピンドルに関しては要検討だな。

 あとは車重。試しにフットジャムティルウップしてみたら明らかに回ってくる感覚が軽いです。最高だな。

 それと。画像撮り忘れたけど、フレームの内部はEDブラックコーティングなる処理がされてました。実はこの前サバーバンのハブシャフトカットしたときにシートポストもカットしたんですけど、シートパイプとトップチューブの溶接付近に錆が;(前のモデルだからコート無いんですよね)
 しかしマジェにされてるコートは結構丈夫そうな皮膜なのでフレーム内部の処理はそのままにしました。

 こんな感じです。結構長い文章になっちまったゼ。でも明日は休み〜イェイ

posted by 819819 at 01:21| 沖縄 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | NSbikes Majesty [2010] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カラーが短いんじゃなくて
フレーム側のベアリングストッパーがかなり奥だったのが気になるってトコかな。
問題はないと思うよ。

Riotの時は6"じゃないと厳しかったけど、MajeでZAKKハブだと明らかに長すぎるね・・・。
BMXサイズのアクスルを入れた方が最適化出来そう。
Posted by C at 2010年12月21日 00:02
 そうだねーインチ→mm換算しても10mmしかかわらないしスペーサーあれだけ足しても長すぎるからBMXの長さでいいはず。

 それにしてもMajestyどうやって組んでるか参考になりそうなの探してみたがあまりに情報がないね;
 とりあえず今度スペック上げるときにでも組み付け時のスプライン長とか参考程度に上げることにするよ。
Posted by しん5 at 2010年12月21日 12:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。