2011年01月29日

F150

20110128-f150_5.jpgフェラーリ、F150を発表

小さいリアウィングが自然に見える・・・。
慣れってこわい


さて、話変わってひょんな事からTierraをゲットできたので組み替えてみました。
Montanaよりはパイプは華奢な感じで乗ってみるとやっぱり柔らかいです。
凄く怪しいですがw感覚的?にはBB付近からリアバックにかけて柔らかい感じがします。
実際にMontanaよりもシートチューブが細身でオフセットされてるのでその影響かも。
凹みやすいよ!って言われるのも納得w
とはいえ基本Nopegなので全く問題はないはずです。
しかし、ジオメトリは酷似してるのに乗り味はけっこう違うので、特定の部位の数値だけ見てフレームを判断するのはあまり良くないと思います。
パイプの材質と肉厚に接合のさせ方にバテッドなどで全然違いますもんね。


細かいところだと
チェーンテンショナーはフレーム直付のTierraのほうがいいですね。
Montanaのリムーバルタイプはロックナットと干渉するため、ハブを選んでしまう。


たまに思うけど、俺はライダーよりビルダーの方が向いてる気がするw
posted by 819819 at 00:22| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | [私的記事] C | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/182941036

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。