2010年11月13日

エコカーっていいよね(棒 追加版


For mobile

For mobile

For mobile

追加

For mobile
posted by 819819 at 15:34| 沖縄 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ヘンテコチューン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月19日

やっぱりストレート

ディスクブレーキのMTBには長いアウターが必要です!

ストレートライナー本家本元のUNEXのアウターならばMTB用ホースキットは十分な長さがあり
さらには30m巻きまでがラインナップされてて、切り売りしてくれるショップ(内地)まで行けばMTBでも最適長のものを手に入れられるけど
UNEXのコピーみたいなオデッセイ等から出てるアウターはあくまでもBMX向けで
使うには少しばかり継ぎ足しが必要。
ところがしん5さんの持ってるシマノ製ジョイントするパーツはもはや入手難。

現在入手できそうなものを探してみたところ
TIOGAのケーブルオイラー(1500円前後)とかそんなもん。


ものは試しと
agwireのアウターキットに付属してた樹脂キャップを加工することにしました。
ggggttyj403.JPG
赤線のところでカット!
シマノよりも長いし内径キツめなのでしっかり留まる。

組んだらこんな感じ
joint1399.JPG
キャリパ/ジョイント間はノーマルのアウター
ジョイント/レバー間はストレートライナー

※追加されてるタイラップがないとここがめちゃくちゃ動きまくって
ストレートライナーの恩恵がまるで無くなるから必須。


とりあえずこの仕様で2ヶ月くらい乗ってもいまのところトラブルなし
posted by 819819 at 21:55| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘンテコチューン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日

071124 練習会での、、、

 久々の更新です。忙しくて記事書く気になれませんでしたー とか言いつつこの前の3連休はちゃっかり練習してましたけども;

 さて、 この前から気になってたライダーのBikeを紹介します。

 彼の乗るBikeはGi●nt のMTBのエントリーモデルであるR●ck4500  しかしこの自転車でアクションするにはちょいと無茶がある ってことでチューンしたそうで。

 そのチューンがこちら。

071124 roke4500 フレーム直付テンショナー.JPG

 チェーンテンショナーがついてます。付いてますが何とフレーム直付。リベットで固定されてます。

071124 roke4500 Rガセット.JPG

 そしてDisk側にはブレーキの力でステイが折れないように、ブレイブマシーンとかちょっと前のいかつすぎるハードテイルバイクもビックリの大型のガセットが!もちろんリベット。
 そしてRのブレーキが8インチ。 本来こんなでかいローター使うバイクではないのでフレームに干渉するギリギリです;

071124 roke4500 R8intDisk.JPG

 Fは6インチ。アンバランス〜



071124 roke4500 Rディレイラーボルト.JPG

 Rのディレイラー固定ボルトも長さが足りなかったためにながーいボルトで(長すぎです)調節。

071124 roke4500 Deoreアクリルキャップ.JPG

 極めつけが彼の使っているDeoreのブレーキレバー。 リザーバータンクがいつもなぜか布で覆われてるので気になっていたが、まさかこんなことになっているとは;



 Shi●anoも仰天、アクリルキャップです。壊れたのか、これで代用してるようです。

 
 パーツではなく直接的にここまで手を加えてるRo●k4500も珍しい。KZMさんの手製Diskブレーキ台座並みのインパクトがありましたよ。


 工学の人が自転車いじるとこうなっちゃうのか〜 という見本です。
posted by 819819 at 14:53| 沖縄 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | ヘンテコチューン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月17日

ちょっとしたことですが

 Bikeを組んでるときにネタになりそうなので紹介。

 といっても前にも紹介したことですが、ブレーキのアウターワイヤの話。


 ハンドルやBikeを回転させる技をすると、ワイヤ式のブレーキだとワイヤが一回転したときにブレーキタッチが変わります。これは普通のブレーキアウターは鋼線を螺旋状に巻いてあるので、無理に曲げるとインナーワイヤの接触部分やアウターワイヤ長が変わるために通常時とレバーの引きが変わるわけです。

 というわけで、鋼線がストレートのブレーキワイヤがBMXでは良く使われているのでこれを使用することでバースピンしてもブレーキタッチ変わらないからアブバガまでいける〜 ということができるのだが、、

 BMXとMTBだと大きさが違うのでワイヤ長が足りない;特にDiskブレーキだと長さが必要になります。

 そこで!


071116 改造アウターブレーキ.JPG

 こういったふうにノーマルのワイヤを継ぎ足してやれば解決です!
さらにワイヤの途中からオイルが入れられるのでこれも便利。

 コネクトするパーツは必死に探してね;こればかりはどうにも〜、、
 自作するっていう手もあるかもしれないけど。

 似たようなパーツがTiogaから出ていたような?カタログで見たことがありますが去年の話しだし、、。
posted by 819819 at 00:40| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘンテコチューン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月12日

雨 / 雨 / 雨 from名護

 このところ沖縄ではずっと雨が降り続いていて、そのせいでいたるところで土砂崩れが発生してます。外も出る気がしない


070810cat.JPG


 つーわけで、乗れる場所を探すのが大変。屋根があってある程度広い場所で練習するしかないね。

 そして、ブレーキケーブルがやっぱり短い;しかし延長しようにもいい方法が浮かばない。とりあえずブレーキバナナ使ってみようと思うが、こういったのができたらなぁと思い適当にデッサンしてみたよ。


070810orign1.JPG


 ブレーキワイヤ同士を繋ぐことができるパーツ。ブレーキケーブルがちょいと短い際これで延長できる。
 今回みたいにストレートライナーのアウターケーブルって長さが元からMTBのDiskには短いので、重宝すると思う。

 ワイヤの受けを図のようにはめ込めば、多少加工精度が悪くても補正できるし。ワイヤ同士の接続面も変形が少なくなるのでブレーキタッチもそこまでふにゃっとしない、、はず。


070810origin2.JPG


 実用的な形状だとこんな感じかぁ?
左のようにシートステイに括り付けられるようにすれば理想的だが、この形状に加工するのは手間がかかるし。
 そうなると柱上の金属にワイヤ受けのはまる穴を空けて、中心にワイヤの通る穴(2mmもあれば十分か)を空けるだけっていうのが手っ取り早い。

 もうちょっと実用的にするなら、この長方体から旋盤で円柱状に削り、タイラップ止めしやすいように溝も削る。 そんで中心にワイヤ受けの穴を空ける。
 っというのがいいだろう。


 早く旋盤使えるようになりたいねぇ。
posted by 819819 at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘンテコチューン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月28日

ニコイチ

 シージャンプで使ったBike、ある程度水かけてほったらかしてたらFホイールが動かなくなってた;

 つーわけで。何か使えそうなリペアパーツ無いかとストックしてるこまごましたパーツ類を漁ってみると、、、

 ちょうどDeoreのスルーアクスルのシャフトがあったので活用することに。



 ベアリングの一部や玉受け部分をDeoreから移植してみました。


070725hennteko2.JPG

 身包みはがされたDeore。まあ所詮こんな扱いです。


070725henteko.JPG

 ゴムのカバーも活用してみました。うむ、意外にいいでき。

 だがハブ自体のパーツ精度がひどいのでいくらDeoreからベアリング使ったりしてもたいしてかわりませんがな;


 ひとまず組むのは終わったし。明日の準備は済んだから寝よう。
posted by 819819 at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘンテコチューン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。